バーテンダーの技術やバーテンダーコンクール等について

バーテンダーの特徴

スポンサード リンク

バーテンダーは接客サービスに加えて、アルコールの知識やカクテルを作る技術も必要であり、飲食業のサービス分野の中でも、専門性の高い特殊な職種といえます。

またバーテンダーになる入り口として、各種の町場のバーや、ホテル・宴会場のバー部門があります。

そしてホテルや宴会場に就職した場合、バーに配属されるとは限りませんが、部門間でスタッフの移動が激しい職場でも、一度バーテンダーとして経験を積むと、職種の変更が少なくなります。

一方、町場のバーは未経験者の公募は少なく、アルバイトから始めるか、バーテンダー・スクールの紹介から就職するケースが多く、技術の高い有名店ほど入りにくくなります。

ただしどのような入り口であれ、本格的なバーテンダーとして習熟するには、接客技術・酒類の知識・加工技術などの、多用で専門的な訓練が必要であり、かなりの時間を要します。